正しい姿勢に直す方法

姿勢に悪い習慣は?

正常ではない姿勢は、普段からのクセで自然と身についているというケースがよくあると言われています。

 

自分ではそう思っていなくても、姿勢の悪さに直結する日々の習慣をそのままにしておくと、たとえば、足を組むという動作も、正しい姿勢には悪影響を与えます。

 

足を組んだ状態だと、背中の曲がりが大きくなります。

 

右足を組んだ場合、骨盤の左側が下がることになり、背骨が右に曲がった状態になります。

 

同じ足を組んでいると骨のズレにつながりやすくなるため、姿勢を悪くしないためにも直したほうがよいでしょう。

 

つい行ってしまうこととして、荷物を持つときにいつも片方の腕だけしか使っていない、字を書くときに上体をひねってしまうということがあります。

 

これらの習慣が続いていることも、姿勢には良い影響を与えませんので、直すように意識しましょう。

 

さらには、腕組みを避けたほうが良いケースがあります。

 

腕組みを無意識のうちにしている場合、気づくと猫背になっているケースが多々あります。

 

まっすぐに伸びた背すじなどの正しい姿勢を意識して腕を組むことで、猫背のように曲がることはなくなります。

 

横座りは女性によく見られますが、側湾を引き起こしかねないので、直すように努力すべき習慣です。

 

側湾が悪化すると、座りやすい側に体が傾いてしまうようになり、辛いと感じる側への横座りが大変になるでしょう。

 

些細なことであっても悪い姿勢へと導きかねない癖もありますので、気づいたらすぐに直していきましょう。

 

 


姿勢に悪い習慣は?関連ページ

猫背って?
デスクワーク中の姿勢を直す