正しい姿勢に直す方法

姿勢直す体操

きれいに伸びた背筋に加えあごが低い位置にある姿勢では、背骨はゆるやかにカーブして、骨盤はしっかりと立っています。

 

それとは正反対の状態である悪い姿勢になると、骨盤は後部へ倒れており、背骨のカーブの度合いがきつく、いわゆる猫背になっています。

 

姿勢の悪い状態でいると、正しくない位置で筋肉が固まってしまうため、一つの習慣として体が記憶するのです。

 

そうなると、筋肉が必ず悪い姿勢になるように働きかけるようになってしまいます。

 

これらの癖は、姿勢の悪さを直すように努めなければ筋肉がいつも力の入った状態になるため、肩こりがひどくなる場合があります。

 

このような症状を改善するために、姿勢を直すことを目的とした体操を行ってみましょう。

 

すぐにできる体操からはじめるとよく、いつも続けることが重要です。

 

姿勢を直せるやさしいトレーニングとしては、自宅の壁を使ってできるトレーニングがあります。

 

壁から30cm離れ、両手を壁につけます。

 

腰を反っていくようにお腹を壁にしっかり押し当て、顔を横に向けて20秒静止するという動作を10回ほど繰り返します。

 

息を吐く間に腰を反らし、壁におなかをくっつけて、その間、呼吸を3回程度行います。

 

一人での実行が難しいとき、腰に手を添えつつ静かに他の人に抑えてもらいましょう。

 

運動に慣れたなら、さらに20cm離れてみます。

 

これらの体操により、徐々に姿勢を間違ったものから正しいものへと直すことが可能です。

 

 


姿勢直す体操記事一覧

姿勢矯正ベルト

背骨が歪んでいるなどのクセのついた姿勢の悪さを直すことを特長とする、「姿勢矯正ベルト」という製品があります。姿勢矯正ベルトは、その名前の通り、着用することで背筋が伸び、それにより正常な姿勢に直すことを促すものです。中でも姿勢矯正ベルトとして「中山式姿勢サポーター」は評判の商品です。それだけでなく、社...

≫続きを読む

 

姿勢を直すインナー

美しい姿勢を目指して開発されたインナーが、ユニクロ、ワコール、ミズノ、アシックスなどのメーカーから発売されています。姿勢の悪さを直すには毎日良い姿勢を保つ意識が不可欠でしたが、このインナーを使うと、意識せずに正しい姿勢を保つよう各メーカーのインナーに関しても、共通して美しい姿勢を目的に作られています...

≫続きを読む

 

整体で姿勢を直そう

毎日の日課を悪い姿勢のまま続けていると、少しずつ骨盤などがずれていき、正常であるはずのバランスが崩れることになります。最初は小さなズレでも、放置していることによってバランスがおかしくなり、さらにひずんでしまうということが延々と続くことになります。悪い姿勢であるなら、できれば少しでも早く直すべきでしょ...

≫続きを読む